犬のいる生活 犬のしつけ WON’ぴーす  > 犬の病気と健康管理 > 犬の健康管理 「外耳炎」


犬の健康管理 「外耳炎」

WON’ぴーす 犬の動物学

犬の動物学 「外耳炎」

外耳炎は犬の罹りやすい病気のトップです。
病気で動物病院に訪れる患者数でもNO1ですね。


外耳炎は一年を通していつでも発症しますが、やはり夏の時期に
発症することが多いようです。


原因は細菌や真菌の感染、間違ったお手入れ、体質など様々で、
放っておくと慢性化したり、中耳炎や内耳炎に発展してしまうケ
ースもありますので、早めの処置が大切なことは言うまでもあり
ません。


症状として、次のようなものがあります。

○耳垢がひどい
 掃除をしてもすぐにたまってしまいます

○耳が赤く腫れあがる
 耳から外耳道にかけて炎症を起こすため、赤く腫れています

○耳のニオイが強い
 いつもよりニオイが強くなります

○耳を異常に掻く、こする、バタバタと何度も頭を振る
 炎症のため痒みがでることから、このような行動をします

○頭を傾ける、耳を触らせない
 痛みがある時には、痛い方の耳を下にして頭を傾けます
 また、耳に触ろうとすると逃げるようになります

○元気がない
 痛みや痒みが続くと食欲がなくなったり、元気もなくなります

◆外耳炎に罹りやすい犬種◆

もともと犬は人間と違って耳道が長く、途中で曲がっています。
この耳道の構造の違いから、蒸れやすく、感染症が起きやすいの
です。


特に外耳炎に罹りやすい犬種は次のような耳の特徴をもつもので
す。


○耳道に毛が生えている犬種
 トイ・プードル、ウエストハイランド・ホワイトテリアなど

○皮脂が多い犬種
 シーズー、ビーグルなど

○フケが出やすい犬種
 ダックスフンド、ラブラドール・レトリバーなど

◆やはり予防が大切です◆


耳のお手入れは綿棒で「ゴシゴシ」や「耳道の毛を抜く」とい
ったことが一般的に行われていました。


しかし、最近は「洗浄液」でのお手入れ方法に変わってきてい
ます。


洗浄液を耳の中に垂らして「マッサージ」。浮いた汚れをコッ
トンなどで拭き取ります。


耳道を傷つける心配もなく、手軽にできる方法ですね♪


サイト内でさがす


My Yahoo!に追加




This website is powered by Movable Type 3.2 won-piece shop.