犬のいる生活 犬のしつけ WON’ぴーす  > 犬の病気と健康管理 > ズーノーシス?


ズーノーシス?

ズーノーシス?

ズーノーシスとは、「人獣共通感染症」のことです。


例えば皆さんが愛犬・愛猫のために行っている、ノミやダニ。


愛犬・愛猫に住みついているノミやダニが飼い主さんをさすこともあり
、ズーノーシスのリスクは身近にあるものです。

ズーノーシスの予防は2006年6月1日に改正・施行された動物愛護法で
「(飼い主さんは)動物に起因する感染症(ズーノーシス)の予防の
ために必要な注意を払うこと」と定められ、ズーノーシスのケアは飼
い主さんの責務であることが明確になりました。


ヒトとペットとの間で起こり得る不幸なズーノーシス感染を避けるため
にも、ズーノーシスの正しい知識を持ち、日頃から適切なケアを行うよ
うにしましょう。


ズーノーシスは動物と人との間で自然に移行する感染症です。


原因がペットというわけではありませんが、ペットについている細菌や
寄生虫が人間の体内に入り、病気になってしまうことです。


例えばワンちゃんの体内にいる『イヌ回虫』やネコちゃんの体内にいる
『ネコ回虫』はワンちゃんやネコちゃんにいるときにはさほど問題が起
きません。


(しかし、幼犬に多数の成虫が寄生した場合は、腹部の異常膨大、呼気
の特異的甘臭、異嗜、元気消失、発育不良、削痩、貧血、皮膚弛緩、被
毛粗剛、食欲不振、便秘、下痢、腹痛、嘔吐を起こします。また体内に
幼虫が寄生している雌イヌが妊娠すると、胎盤や乳汁などを通して子イ
ヌに感染します)。


その『イヌ回虫』や『ネコ回虫』がヒトの体内に入ると、回虫は成虫に
なれずに体内を移行して内臓や眼に入り、幼虫移行症と呼ばれるさまざ
まな障害を引き起こします。


この回虫がワンちゃんやネコちゃんよりヒトにうつる経緯は過剰なスキ
ンシップ(キスや食べ物の口移し)や、ふん便からになります。


ワンちゃんを飼われている方であれば、狂犬病の予防注射、フィラリア
の薬、ノミやダニの予防、混合ワクチンなどを行なっていると思います。


狂犬病は現在の日本では発生の報告が出ておりませんが、世界的には大勢
のヒトが感染し、亡くなっている怖い病気です。


フィラリアやノミ・ダニについては多くの方が対応済みだと思います。


しかし、ズーノーシスはそれだけではありません。


最近でも時折話題になっている「エキノコッカス」も大変怖いズーノーシ
スです。


エキノコッカスがヒトに感染した場合、5〜10年間自覚症状がなく、発症す
ると肝機能障害が進み、末期には重い肝機能不全となり、治療が遅れると
90%以上が死に至る怖い病気です。


このエキノコックスのリスクを少しでもなくすために駆虫薬を与えることが
重要になります。


サイト内でさがす


My Yahoo!に追加




This website is powered by Movable Type 3.2 won-piece shop.