犬のいる生活 犬のしつけ WON’ぴーす  > 犬の病気と健康管理 > フィラリア症


フィラリア症

フィラリア(犬糸状虫)


フィラリア症はワンちゃんの死亡原因の上位を常に占めています。


フィラリアとは犬糸状虫と表されるように、そうめんのように細長
い形をした寄生虫で、その大きさは成虫で12〜30cm。


ワンちゃんの血液を循環させる大切な心臓に寄生して悪さをします。


ワンちゃんの心臓の大きさを考えるとかなり大きな侵入者ですね。


フィラリアはどのようにしてワンちゃんの体に侵入し、体内でどの
ように活動するのでしょうか? 


「フィラリア症になる」というのは、フィラリアの親虫が心臓に住み
着いてしまうことをいいます。


この親虫の寿命は5〜6年。その間、親虫は卵ではなくミクロフィラリア
という赤ちゃんを産みます。


ミクロというくらいですから肉眼では見えない小さな小さな赤ちゃんです。
そのうち赤ちゃんたちは親から離れ、血液に乗って犬の体内をぐるぐると
流れていくのです。


誤解してはならないのは、フィラリアは犬から犬へ直接感染する寄生虫
ではないということです。


犬同士がじゃれあったり、ふざけてかみ合ったりすることで移ることは
ありません。


その間には、運び屋の蚊が必ず存在します。


フィラリアに感染した犬の血液にはフィラリアの赤ちゃん「ミクロフィラリア」
がたくさん存在します。


その犬に運び屋の蚊が近づいてきました。


「プチッ」とその針で皮膚を刺し、血を吸います。


すると運び屋の蚊は血液と一緒にミクロフィラリアまで吸ってしまいました。


蚊の体の中でミクロフィラリアは感染能力を持つほどに成長しました。
感染能力を持ったミクロフィラリアのことを感染子虫と呼びます。


次にこの運び屋が健康な犬に近づきました。そして感染子虫を潜ませていた
くちばしで、健康な犬の皮膚をまたもや「プチッ」と刺しました。


こうしてミクロフィラリアはとうとう新しい住みかに引っ越してしまったのです。


犬の体内に入ったミクロフィラリアは、しばらくは皮膚の下や筋肉の中で成長して
いきます。


2〜3ヶ月の間、脱皮を繰り返して今度は血管に侵入。静脈をつたって心臓に到着し
感染後半年ほどで立派な親虫となり心臓を我が家と決めて、そこで子供を産み始め
ます。


こうして次々と生まれたフィラリアの赤ちゃんが、運び屋が来るのを待ってまた別
の健康な犬へと住みかを変えていくのです。


サイト内でさがす


My Yahoo!に追加




This website is powered by Movable Type 3.2 won-piece shop.