犬のいる生活 犬のしつけ WON’ぴーす  > 犬のしつけ > いぬのしつけ 「トイレトレーニングA」


いぬのしつけ 「トイレトレーニングA」


いつおしっこ・うんちするのかな?


次に、どうしたら、「トイレでおしっこ・うんちさせ、誉めるチャンス」
を作ってあげられるのでしょうか?


そのための工夫をご紹介しましょう。


トイレトレーニング開始時点において、日に何回かはトイレで排泄する
ことがある犬はそのときを逃さずに誉めてあげましょう。


そうではない場合には、「トイレで排泄」を誉めてあげようにも、ただ
待っているだけではトイレで排泄してくれません。


そこで・・・、


「排泄しそうなタイミングでトイレに連れていく」ということが大切に
なります。


その「排泄しそうなタイミング」はどうすればわかるのでしょうか?


あなたの犬は毎日何回くらいおしっこ・うんちをしているでしょうか?
健康な状態であれば、おとといのおしっこは3回だったのに、昨日は
15回。


今日は1回もおしっこしなかった・・


なんていうことはなく、同じくらいの回数で定期的に排泄が起こります。


そして、こんな風に眺めてみると、規則性が見つけやすいでしょう。

○おしっこ・うんちの時間間隔を見てみましょう。


たとえば、1日3回うんちする犬の場合、午前中に3回、それ以降は全く
しなかった。


このようなことはあまりなく、午前中・午後・夜1回ずつ、というように、
ある一定の時間間隔があるものです。


何時間間隔くらいで排泄しているのか、おしっこ・うんちごとに見てみま
しょう。

○食餌や水分摂取と、おしっこ・うんちの関係を見つけてみましょう。


食事をしたり、水分を摂取した後、どのくらいの時間をあけて排泄をして
いるでしょうか? それがわかれば、その時間にトイレに連れていって
あげることができます。


食べたり、飲んだりするとすぐに排泄したり、食べている最中に排泄する
子犬もいます。


トイレの近くで食事をさせ、いざというときにすぐにトイレに連れていって
あげられるようにしてもいいですね。

○寝起きに気をつけてあげましょう。


寝起きに排泄する傾向はないでしょうか?


もしそうであれば、寝起きには必ずトイレに連れていってあげるといい
でしょう。

○遊びなど体を動かしているとき、またはその後に排泄する傾向はないでしょうか?


体を動かすことが排便を促すことがあります。こういう傾向が見られるとき
には、トイレから離れた場所で遊ぶのをやめ、犬をよく観察しうんちの構え
を見せたら、すかさずトイレにのせてあげるといいでしょう。


最終目標は、「おしっこ・うんちがしたいと思ったときに、自分でトイレに
行って排泄すること」


・・・でしたね。


トイレに連れていって排泄したのでは、最終目標とは違う! と思われるかも
しれません。


それでも誉めてあげていいのです。


たとえ、失敗寸前の状態で抱き上げ、トイレに慌てて乗せたようなときにも、
あたかも犬が自分でトイレに行ったかのような気持ちで「よくできたね!」と
心から誉め、ご褒美をあげてください。


そういう過程を経て、「どうすれば誉めてもらえるのかわかったよ!」と自分
でトイレに行くようになっていきます。

サイト内でさがす


My Yahoo!に追加




This website is powered by Movable Type 3.2 won-piece shop.