犬のいる生活 犬のしつけ WON’ぴーす  > 犬のしつけ > いぬのしつけ 「トイレトレーニングC」 


いぬのしつけ 「トイレトレーニングC」 


ご褒美をあげよう!


トイレでおしっこ・うんちをしたら、その直後にご褒美をあげ、
うーんと楽しい気分にしてあげてください。


犬に「よくできたね!」の気持ちを確実に伝えるためのご褒美の
あげ方には、2つのポイントがあります。


まずは「タイミング」

ご褒美は、トイレで排泄をした直後にあげましょう。
犬は、ご褒美をもらった直前の行動を学習します。


「トイレで排泄」を学習して欲しかったら、トイレで排泄したすぐ
後にご褒美をあげる必要があります。

○ご褒美の選び方
“ご褒美” の本当の意味は、「犬に喜んでもらうこと」です。


食べる物に限らず、犬が喜ぶことやものなら、何でもご褒美になり
ます。ご褒美は、犬が喜んでくれて初めてご褒美になる!ということ
をどうぞ忘れないでください。


人間がご褒美として与えていると思っていても、犬が大して喜んで
いない。ただ与えられているものを食べているだけになっていると
したら、それはご褒美としては全く機能していないことになります。


ぜひ、あなたの犬がしっぽをフリフリ大喜びするような、大好きな
ものを見つけてみてください!

○食べ物
大抵の犬は、食べるもの好きです。


食事としてあげているもので十分喜ぶのなら、一部を取り分けておき
ご褒美にしてもいいでしょう。


もちろんビーフジャーキー等の犬用のおやつを準備してもかまいません。


与える量は、ドックフードなら一粒。 おやつなら、小指の先ほどの
大きさに切っておき、ひとかけらで十分です。

○おもちゃ
犬は遊ぶことが大好きですね。ボールやぬいぐるみなど、好きなおもちゃ
で暫く遊んであげることを“ご褒美”にすることができます。


1分ほど遊んだら、他の好きなものと交換して返してもらいましょう。
犬が飽きてしまう前に返してもらうことで、次への意欲につながります。


また、トイレトレーニングのご褒美として使うおもちゃは、いつも出しっ
ぱなしにしておくのではなく、排泄の後でだけ遊べる特別大好きなおもちゃ
として、普段は見えないところにしまっておきましょう。

○ガム
犬用ガムや、豚の耳、牛のひずめ、馬のアキレス腱など、噛むおもちゃを
ご褒美にすることもできます。


1分ほど噛ませてあげたら、他の好きなものと交換して返してもらいましょう。


これも、犬が飽きてしまう前にとりあげてしまうことで、次への意欲につなが
ります。


また、トイレトレーニングのご褒美として使うガムは、いつも出しっぱなしに
しておくのではなく、排泄の後でだけ与えられる特別大好きなものとして、普
段は見えないところにしまっておきましょう。

○イベント
サークルの扉を締め切って、排泄するまで待ってあげている場合には、排泄が済
むと同時に大げさに「いい子だね」と声をかけ、扉を開放し、サークルの外へ誘
ってあげることもご褒美になります。


サークルから出ること、散歩に出発すること、ごはんを食べること・・


犬が喜ぶ瞬間や出来事は、ご褒美になります。


このようなイベントの前にトイレトレーニングを設定してもいいでしょう。

○どのご褒美を使う?
これらはみな、ご褒美になります。


でももし「どれを使えばいいのかしら・・」と迷ったなら「食べる物」のご褒美
を使うことをお勧めします。


ほとんどの犬が、食物は大好きです。


一方で、「おもちゃ」や「ガム」のようなものは、「遊びたい気分のとき」
「噛みたい気分のとき」に与えてあげてはじめてご褒美として生きてくるもので、
いつでも同じように犬が喜んでくれるとは限りません。


トイレの傍らに1回分ずつの食べる物のご褒美を準備しておき、排泄し終わった
と同時に口に入れてあげる・・・


これが、確実に効果のあがるご褒美のあげ方です。

○おもちゃやガムを返してもらおう!
おもちゃやガムなどをご褒美にした場合には、以下のようにして返してもらう
といいでしょう。


無理やり取り上げると、取られまいとして逃げ回ったり、噛み付いたり、唸ったり、
思わぬことを学習してしまうかもしれません。


1. 好きな食べ物を用意します。
2. 正面からではなく、斜め前から低い体勢で静かに犬に近づきます。
3. 好きな食べ物を差し出します。
4. おもちゃやガムから離れるように、食べるものを犬の鼻先につけながら、自分の方に引き寄せます。
5. 食べるものをあげ、その間にそっとおもちゃやガムを返して!

サイト内でさがす


My Yahoo!に追加




This website is powered by Movable Type 3.2 won-piece shop.