犬のいる生活 犬のしつけ WON’ぴーす  > 犬のきもち・犬のココロ > いぬのきもち 「うれション」


いぬのきもち 「うれション」

いぬのきもち 「うれション」


大好きな飼い主さんが帰ってきた時に、嬉しさのあまり大興奮した挙句に 「うれション」。


よくあることですよね。


いぬはとても寂しがりやです。 一人ぼっちで留守番をさせられていたあとに 「うれション」 をしてしまうことはよくみられることですね。


子犬は特に一人ぼっちが大嫌いで、ご主人様の帰りを 「いまか いまか」 と待ちわびています。

そんな時に、大好きなあなたが帰ってくると、嬉しさのあまり興奮して膀胱の括約筋がつい緩んでしまいがちになってしまいます。


ただ、「うれション」は子犬の頃にはよくあることですが、大人になってもお漏らしがずっと続くようであればちょっと考える必要がありますよね。


お漏らしの原因には 「うれション」 の他にも服従していることを知らせるための場合や、犬がお漏らしをすることで飼い主さんに優しくしてもらえると勘違いしていることもあります。


つまり、あなたにもっと甘えたいというきもちを伝えようとしている場合があるのですね。


「うれション」なのか、それとも他の原因なのか?


いぬのきもちをよく見極めることが大切です。

サイト内でさがす


My Yahoo!に追加




This website is powered by Movable Type 3.2 won-piece shop.